片付けは家と運気のツボ押しだ。

片付けって、家や運気の「ツボ押し」みたいだなーと日々感じています。その部分の流れがよくなり、反射対応する別の部位の流れまでよくなってしまうという。

私は「片付けのシナリオ」というセッションをしています。これは自分にとっての理想の空間をつくるために、どこを片付けどう工夫するかという「実作業」を時系列にプランニングしていくものです。これを実践していくことで、おのずと理想の空間というゴールに向かっていける、とても現実的かつワクワクする流れがつくれます。

片付けに関しては「どこから手をつけたらいいかわからない」「何が必要で不必要なのかわからない」などのお悩みがある方も多いのですが、「片付けのシナリオ」では運勢学やカードも使いながら「今どんなフェーズにいるか」をもとに「ありたい自分」を探っていき、そこから自分の理想の空間をしっかりと設定し、そこに必要な作業を掘り下げて計画します。あとは実行あるのみです。

私自身も自分の「片付けのシナリオ」を作成し、実践し続けています。最近では「次男の本と学用品を整理する」「来年は着ない冬服を処分する」「ベランダと玄関たたきの水拭き習慣をつける」「冷蔵庫を買い替える」「キッチンの照明を買い換える」といったことをしましたが、つどつどその場が浄化されることに加え、いい知らせや仕事が入ってきたりもしていて。体のツボを押すと体調が変わり運命が動き出すように、家のツボを押すと環境が変わりこれまた運命が動き出す!というのを実感しています。

家の環境がスッキリすることで、動きやすくなったり、作業のパフォーマンスが上がったり、態度が明るくなり新しい仕事を引き寄せたりなど現実的な変化があることに加えて、そうした次元とは別のところでも、いい流れをつくれるように私はどうも感じるんですよね。そして、どのツボがどの運気に関連しているかは、押してみないとわからないというお楽しみもあるので、いろいろ押しまくるのがおすすめです。私も片付け掃除がちょっとおっくうなときは「このツボを押すと何が変わるかな?」と開運目当てにしてやる気を上げています(^○^)。

片付けのシナリオについて、詳細はこちら。

 

「部屋もみ」ポイント1 気になるところを狭い範囲でもむ

先日のブログでもご紹介した「部屋もみ」。掃除、片付けを義務ではなく、あくまで「自分が快適になるためのケア」ととらえ、気楽に行おうというものです。

いきなり全部をきれいにしようとするとプレッシャーを感じてしまう場合は、まず狭い範囲をきれいにしてみることをおすすめします。

今、おうちの中で気になっている場所はありませんか?
たとえば蛇口のくもり、テレビの上のほこり、テーブルの上の散らかり、、、など。
とりあえず数分で終わりそうなところを、さっと拭いたり片付けたりしてみましょう。

少し手をかけただけでも、その場の空気感が変わりませんか。
なんとなくでも「気持ちよくなった」「いい気が入ってきた」と感じられたら、自分のエネルギーもアップした証拠です。

その気持ちよさを繰り返していくと、ずっと気になっていた押入れやクローゼットなど、大掛かりなケアが必要な場所にも着手できるようになります。

もちろん、最初から思い切って大掛かりなケアを行って見るのもよいと思います。
ものが減って空間がすっきりすると、「これからもきれいにしよう」という気持ちが高まり、居心地よい空間をキープしやすくなると思います。

片付けのご相談はこちらでもお受けしています。