プロフィール

>

野中真規子Makiko Nonaka

こんにちは! 開運ライターmakki(野中真規子)と申します。

1974年に茨城県で生まれ育ち、1998年から東京都に住み、2021年から千葉県に住んで今に至ります。
短大卒業後、証券会社、雑誌制作会社、広告制作会社を経てフリーランスのライターに。現在は雑誌、書籍、WEBなどのメディアにおいて、精神世界やライフスタイル、ビジネス、教育、ボディケアなど幅広い分野の取材執筆を行うほか、個人の方に向けて、豊かで楽しく生きるヒントを見つけていただくための「自分取材セッション」を提供しています。

私は幼少時から何かにつけ自己嫌悪や他者に責任を押し付ける気持ちが湧き上がってくることが多く、生きづらさを感じていました。

30歳の時に心が真っ暗闇となり、相談できる人も見つからない中で内観療法という精神修養法に出会い、徹底的に自分の内面と向き合うことで、自分自身や周囲の人、置かれた環境への感謝の気持ちがあふれ、さらに「人間には誰でも神性があり幸せに導かれている」という体感を得ました。振り返りますと仏教系保育園に通っていたこともあり、子どもの頃からご先祖や仏様、神様など見えない存在とコンタクトをとる習慣がありました。

取材活動の中で精神世界や開運についての様々なメソッドにも触れ、豊かで楽しく生きるためには「目の前の現実を整えること「「顕在意識を自分の神性に繋げること」の両方をバランスよく行うことが大切である、と確信。これらの経験をもとに、書くことや対話することを通じて、豊かで楽しい生き方のヒントを発信しています。

片付けられない、という「思い込み」をなくして、今すぐ片付けるための本 (ハウスキーピング協会) の表紙画像