バービーボーイズの「負けるもんか」

音楽でバイブスが上がって現実が変わった話。
中学のとき、剣道部に所属していました。顧問は剣道五段のいかついパンチパーマの先生で結構厳しく、団体戦では県大会のベスト8に入るか入らないかくらいだったと思います。
私は5人で出る団体戦の中では2番目に出る「次鋒」を担当。ちなみに1番目の「先鋒」は場の流れをつくり、3番目の「中堅」は先の2人が負けた場合に巻き返さねばいけないポジション。4番目の「副将」は先に誰か2人が負けている場合に自分が勝たねばならず、大将は自分の前で引き分けになっている場合に勝敗の責任を担います。もちろんすべてのポジションが重要ではあるのですが、次鋒は比較的ライトな立場であり、私は比較的頼られていないほうの選手だったと思います。先生からは剣を打つ際の瞬発力を一度誉められたことがありますが、それ以外はダメ出しされることのほうが多くありました。
ある大会の個人戦に出たときのことです。対戦相手はそれまでもよく練習試合をしていた同じ市内のN中学で同学年のNさん。N中学は新設中学ということもありその学年では女子部員が3人しかいない中、全員が小学校からの経験者(私の中学のメンバーは副将以外はみんな未経験者でした)で少数先鋭。しかもNさんは美人で実力も相まって気品と威厳を放っており「勝てるわけがない」と思わせる相手でした。実際練習試合では負け続けていました。
 
しかしなぜかこの大会の直前、私の脳内にはバービーボーイズの「負けるもんか」が流れ出し、バイブスが一気に高まったのです。
 
この曲は女性が狙った男性を落とす&男性がそれに抗う歌詞で、杏子とコンタがそれぞれを演じるように「負けるもんか」「勝てるもんか」と歌います。
 
(コンタ)
あぶないぜ あぶないぜ ah
負けるもんか 負けるもんか
 
(恭子)
無理でしょ きっと落ちるわ
目つきがちょっと違うわ
ぐらついたパッション
つけこんでモーション
勝てるもんか
 
という具合です。
私は脳内でこれを替え歌にし、
 
(Nさん)
あぶないぜ あぶないぜ ah
負けるもんか 負けるもんか
 
(私)
無理でしょ きっと落ちるわ
Nは今日は負けるわ
ぐらついたパッション
つけこんでモーション
勝てるもんか
 
というような具合で1人デュエットしながらループさせ、試合開始までにバイブスをマックスに高めました。そして開始直後、絶対に勝てるという確信のもとでぐいぐい前に踏み込み、面を思い切り打ち込むと、見事に一本入ったのです。このことでさらにバイブスが上がりもう一本。あっという間に勝利をおさめ、この試合ばかりは先生に結構認められた記憶があります。
 
「この世界は波動や周波数(バイブス)がすべて」というとらえかたを信じているというか、その通りなんだなと日々実感していますが、それを体感できた最初の記憶がこの試合だったように思います。
「バイブスがすべてであり、『〜なわけない』『とても無理』などと思っていることに関してもどうにかなってしまう」という事実について、少し前まではずっと半信半疑でした。信用している時はいろいろとスムーズで、逆に「そんなわけない」と信じられないでいる時は辛く、うまくいかないことが多かったように思います。
 
この試合の一件を含め、「バイブスでなんとかなる」という経験をまだらにでもしてきたことで、信じられて楽に生きる日々を送れるようになったと感じています。

ストリートスタイダースのBaby,Don’t worry

中3ともなると思春期でモヤモヤする日も多くなり、そんなときは普段聞いているTMやレベッカ、渡辺美里の曲はまぶしすぎて辛く、なんとなく「音楽はハッピーな気分のときだけ聴く」というマイルールがありました。

そんなときにふと耳にしたこの曲は、ブルーな気分に寄り添ってくれ、「暗い日にも聴ける音楽があった!」と発見気分だったのを覚えています。いま思えば、これが私のブルースとの出会いでした(そんなにブルースの曲知らないけどw)。

気だるいグループに乗って繰り出される「くよくよしたって始まらないよ」「くよくよしても終われはしないさ」という優しい歌詞に心が動いたなあ。ちなみにその後、レベッカの「メイビートゥモロー」「8月の雨」やレッドウォリアーズの「レディーブル−」などもブルーな日に聴く曲として自分の中でストックされたのでした。

社会人になり、2回目に務めた編集プロダクションではスライダースやレッドウォリアーズ好きの人が何人かいて、スライダースしばりのカラオケに行ったりしたのが楽しかったなー。職場でも常に音楽をかけていて。

ボーカルのハリーは数年前のアラバキロックフェスティバルで初めて生で見ましたが、圧倒的な色気を放っていて、やっぱりスターだなと思いました。数年前から肺がん治療をしていることを公表していましたが、今年の9月に復活ライブをするそうです。

ギターの蘭丸こと土屋公平については90年代のソロプロジェクト The 99 & 1/2も好きで、 ラブタンバリンズのエリとのコラボの「FREE & EASY」という曲は今でも時々聴いています。

 

バンドは2000年に解散しました。現在も続くこの2人のブルースユニットJOY-POPSもかっこいいです。

TMネットワークのセルフコントロール

 私の音楽の原体験といえばこの曲でした。たしか小6の頃、音楽番組『夜のヒットスタジオ』の予告編でサビ部分が数秒流れたとき、全身に電流が走るような衝撃を受けたのを覚えています。
 初めて買ったレコードはチェッカーズの『星屑のステージ』でしたが曲というよりグループが好きだったし、杏里が歌うアニメ『キャッツアイ』の主題歌にもぐっときてテレビの音声をカセットに録音したりしましたが、すぐ忘れました。しかし『SELF-CONTOROL』だけはしばらく脳内をループし、そのたび別世界へ飛ぶような快感を得ることができていました。
 のちに「当時、TM好きというとヲタクと思われそうでカミングアウトできなかった」という人もいたことを知るのですが、私は何も考えず、透明下敷きに光GENJIやミポリンの切り抜きを入れる友達と並んで堂々とウツの切り抜きを入れていたので、周りからもTMの切り抜きをたくさんもらえたりしていました(周囲には見事なほどにTMファンがいなかった。ちなみに中2になると、下敷きの中身はレッドウォリアーズ一色になりました)。
 しかし、この『SELF-CONTOROL』=自己制御。たしか当時の記事で小室哲哉さんが「『自己を制御から解き放て』というメッセージを逆説的なタイトルに込めた」といったことを読んだ記憶があります。
「教科書は何も教えてはくれない」「明日のことなど何もわからない」「思い切り泣いて思い切り笑って」「夢を取り戻せ」「君を取り戻せ」という歌詞は、奇しくもこの今の「風の時代」のテーマだとか、現在自分が仕事のメインテーマとしている精神世界系の分野でも多く語られる「『〜すべき』『〜ねばならない』という呪縛から自己を解き放ち、直感にしたがって生きていこう」というような生き抜く指針とも見事にリンクするなーと感じて、再び思い出せたことで勝手にうれしくなりました。小室みつ子さんの歌詞、本当に素晴らしい。苗字から小室哲哉さんとの関係性が気になり、雑誌などを読み漁って調べた思い出も。当時はネットがなかったので調べる大変さとワクワクがありました。
 ちなみにライター業を志したのは中2の頃で、きっかけは愛読していた音楽雑誌「PATIPATI」でTMやレッズや岡村靖幸などの人気アーティストを取材するライターの森田恭子さんに憧れたからです。
 当時の音楽ライターはすごくアーティストと近い距離にある感じで、森田さんはTVKの音楽番組の司会などもされており「ライターになれば私もアーティストと仲良くなれて楽しく仕事できる!」という妄想を描くことができたのでした。なってみたら実際、会いたい人に結構会えてたりもします。
 森田さんにはファンレターを書いたこともあり、近所の文具店で一番おしゃれに見えた、裏にパリの街角の写真がプリントされた便箋+透明封筒で透かして見せるレターセットを使いました(そういえば当時、山田詠美さんにもファンレターを書いていたな)。
 現在20年超続いているライター業ですが、ウツにインタビューできるまでは続けたいなーと密かに感じています(星野源かBTSでもいい)。
最近始めた絵手紙で描いてみた。