フリーランス20周年。

2001年の6月1日からフリーランスになり、丸20年が経ちました。
会社員には3回なり、いずれの企業にも本当にいろいろ勉強させていただきお世話になりましたが、1年半、1年、3年とどこも長く続かず、結局今の働き方が自分には合っているんだなと感じています。

当時から続いている仕事も、長く続いている仕事も、最近始まっている仕事もありますが、ずっと途切れなかったわけではなく、5年目くらいのときは元いた会社でバイトさせてもらっていたこともあったし、10年目ちょいの頃は子どももいるのに仕事が急激に減り、バイト登録会社に登録しに行ったものの、名前でなく番号で管理されるとわかって合わないなと感じ、仕事をする前に登録解除しました。


代わりにお金をかけて仕事場を借り、ひまな時間はひたすら占いの勉強を。当時は先が見えませんでしたが、好きなことを好きなように蓄積していくことで開けると信じ、友達を2時間500円で占うところから始め、そのうち占い原稿の仕事や、個人鑑定やイベント鑑定のお話もいただけるようになりました。


その後もライティングの仕事が減ってきたなーと感じたり、少し方向転換が必要だと感じたときに、子どもの頃から好きだった片付けに着目。整理収納アドバイザーの資格を取得し、こちらもありがたいことに企業向けのセミナー講師のお仕事をいただくことができ、その後個人宅の片付けのお仕事や、片付けに関する電子書籍を出していただくこともできました。

ちなみに電子書籍を出せたのは、資格運営元の協会が出版プロジェクトを行い、そこに原稿を応募して審査を通過したからです。

そして応募しようと思えたのは、取材したある方のひと言があったからです。ビジネス本の編集に携わった際、作家で士業も営むその方から「僕は本を出すために本業の時間を効率化して、空いた時間で本を読んだり原稿を書いています。あなたもライターをやってるということは、そういうことがしたいのでは?」といった問いかけを受け、「ああ、実はやっぱり私は本を出したいんだな」と気づくことができたのです。それまでも妄想レベルで「本とか出せたらいいな」「でも無理だろうな」という繰り返しはあったのですが。

そこで仕事に使う時間を見直しつつ、その後整理収納アドバイザーの資格を取ったこともあり、浮いた時間で片付け本の骨子を考えていたところ、件の出版プロジェクトのことを知り、これは!と応募してみたのでした。

何か自分の琴線にふれる出来事に対し、「自分にはできるわけない」と受け流さずに、正直な気持ちを認め、行動していくことは大切だなと感じた出来事でした。一回しかない人生ですしね。

そして、実は一時はやめたいとも感じていたライティングの仕事ですが、今はとても楽しくさせていただいています。

20年を振り返ると、楽しいことも、それ以上にきついことも、本当にいろいろなことがあり、今だってしんどいこともありますが、大方の原因は自分にあるので、真摯に受け止めていくことで、すべてが糧になっていくなと感じます。

ペット、ビジネス、精神世界、家事育児、教育、美容、健康、などなどいろいろな取材ジャンルがありますが、どんな取材でも人様の本質的な「善」の部分をキャッチし、そこをお伝えできることが喜びだなーと最近はしみじみ感じています。
そんな感じでマインドが切り替わった頃から、不思議とご紹介や久しぶりのご縁から楽しい依頼をいただくことが続いていて、これまたありがたいです。

仕事でもプライベートでも、フリーランスになる以前も、なってからも、お世話になっている方々に本当に感謝しています!


最近はまっているつるアートも、何かのお仕事につながるといいな。

いろんな仕事をさせていただいていますが、すべてに共通するのは「整理すること」ではないかと。ホームページのキャッチコピーにも「伝えたい想い、部屋、心、一緒に整理します。」としていますが、ライティングは人様の想いを、片付けは部屋を、占いは心を、整理するものだと認識しています。つるアートも素材を取捨選択して整える行為なので、整理といえるのではないかな。

今度も魂がよろこぶことを追求しながら、人様のお役にも立てる仕事をしていきたいです。

つるでカゴ作り&アート。

近所でとってきたつるで、カゴなどいろいろ作って楽しんでいます。

最初につくったカゴ。仕事が忙しいのに、YouTubeで作り方をみたら我慢できなくなり、衝動的に制作を始めたところ、20分ほどで完成。
つるを編む作業にとても快感を覚えた出来事でした。

取手付き。

ちょうちょ。もはやカゴではない。

マーガレット風。

歩き続けよう。的な。

子供と一緒に作ったミニカゴ。

友達のリクエストで、ヤモリの試作。改善の余地ありなので、また作ろう。

網目が正確でなくてもなんとかなり、ワイルドな風合いのつるは、自分に向いている気がしています。
欲しいと言ってくれる人もちらほらいるので、これも仕事にしていきます。

神社の朝市「香取さまで会いましょう」初出店!

6月5日は我孫子の香取神社の朝市「香取さまで会いましょう」にて占いと運勢学の店「五次元」を出店させていただきました。
この朝市はこの春に我孫子に引っ越してきてすぐお客として訪れ、その後主宰グループ・オキクルミの佐予さんと与詩子さんにちいき新聞記者として取材させていただいてきた経緯がありましたが、チャンスをいただいて出店できることに。
ドキドキでしたが楽しく身になる経験となりました。

合計12人の方の九星気学による運勢鑑定とカードセッション。それぞれ15分と短い時間でしたが集中的にお話させていただき、それぞれの方の人生のお話からいろいろ学ぶところもあり、占いのあとは「重たい気持ちがすっきりした」「言葉がすっと入ってきた」「話しているだけで運気上がりそう」などうれしいご感想もいただけました。

今回カードははイスラエル発の「ポインツオブユー」を使いました。このカード、占い用というよりはコーチング用のものなのですが、占いっぽい使い方をしているうちに、「あ、別次元とつながっちゃってるんだね!」としか思えない出方をするようになりました。

たとえばマンツーマンのセッションでは、お相手の方と自分との共通の気づきにつながるものが出てきたり。
今回のように何人もの方と続けてのセッションでは、同じカードが立てつづけに出てきたり(カードは全部で65枚あり、毎回切って使っているのに!です)。

一人ひとりの潜在意識は大きなところでつながっていると感じていますが、カードにはそこからのヒントが現れてくるように思います。

ちなみに昨日目立って出たカードの中でもとくに印象的だったものをピックアップしてみました。
よかったら写真や言葉から感じてみてください。

最近のライター仕事 シーバ&家庭犬の医学

29日発売の日本犬雑誌シーバと、発売したての家庭犬の医学で取材執筆のお手伝いをさせていただきました。

シーバはなんと今号で創刊20周年。おめでとうございます。
フリーランスになると同時にお仕事させていただき、いろいろ経験させてもらって今に至ります。感謝🙏

最近のライター仕事 チイコミ!


現在の地元である千葉県我孫子市・香取神社のめっちゃ楽しい朝市「香取さまで会いましょう」について、主宰グループのオキクルミさんに取材させていただきました。

チイコミ!の記事をぜひ読んでみてください。

我孫子に住んでよかったことはすでに数えきれないほどあるのですが、この朝市が毎月あることもそのひとつです。
ご協力いただいた佐予さん、与詩子さん、nadaさん、ありがとうございました。

6月5日の朝市には、なんと私も運勢学で出店します。
しかし、取材から2ヶ月後にまさか自分も出店することになるとは思ってもみませんでした😁
人生何が起こるかわかりませんね。

我孫子市に移住しました!

3月31日、千葉県我孫子市に移住というか引っ越ししました! 
繁忙期ど真ん中で引越し代に30万円かかったりなど、引越し前後でいろいろネタがありすぎて書き切れそうにないのですが、引越し前からの友達に温かく送り出していただいたのと、引越し後にできた友達にも温かく迎えていただいたおかげで、すごく楽しくやっています。

我孫子市は、東京まで快速電車で40分と便利な場所にありつつも、手賀沼や森林、田畑など自然が豊富なエリアです。

手賀沼ではボートや釣り、サップ、カヌーなども可能だったり、キャンプ場やバーベキュー場、釣り堀、アスレチックができる公園などもあって散歩やサイクリングのしがいがあり、外遊びが好きな私にはたまらないです。

ちなみに古代から人が住んでいたようで遺跡が多く、明治時代には「北の鎌倉」と呼ばれるほど風光明媚ゆえ、武者小路実篤、志賀直哉など白樺派の文人や、民藝運動の柳宗悦、陶芸家のバーナード・リーチなどが別荘を構えたことでも知られています。

スーパーやドラッグストア、家電量販店などの生活まわりのものが揃うお店はもちろん、雑貨店、インテリア店、カフェ、パン屋さんなどの個人店も元気です。道の駅もあるし八百屋さんも多くて野菜がリーズナブル!天然温泉施設もある!

実家のある茨城県取手市とは利根川をはさんだ隣市にあたるため、母や親類と会いやすいのも決めてとなりました。

地域の子育て世代の女性グループや、自然保存や農にまつわる団体、イベント・奉仕活動をするグループなど、市民活動もさかんです。

実は引越し前、我孫子の市民講座にzoom参加(この講座とても素敵でした)させていただいていたことから、主宰の方からの友達の輪が広がったり。神社で開催されている朝市(こちらも素晴らしいイベント)について主宰グループの方に取材させていただいたことから、これまた友達の輪が広がったりなど、とてもありがたいご縁をいただきました。

引越し前は、どこに住もうか本当に迷ったし、10年以上住み慣れた街(東京都世田谷区)を離れることに不安もありましたが‥

(長年の移住への思いはこちら)
移住への思い1 
移住への思い2 

いろいろ偶然の導きもあって(実は住む街探しの最中、財布を落としたことも我孫子に行き着いたきっかけです)、ターゲットを我孫子に定めてからは、とんとん拍子に住まいが決まりました。

引っ越して、以前の家から家賃はだいぶ下がり、面積はだいぶ広くなりました。ベランダからは手賀沼と森が見えます。

引越し前も街や人にめぐまれて本当に楽しかったのですが、家がとにかく狭かったのと、「思いついたときにすぐにありつける自然が欲しい」と強く感じていて、今はすぐ森や沼にいけるようになったことが本当にうれしいです。

仕事はおかげさまで、引越し直前からなぜか増えはじめ。今も結構忙しいのですが、自然のデトックス効果がすごいのか、ストレスが長引かないようになりました。新たにチャレンジしたいジャンルもあるのでじわじわ攻めていきたいです。

長男はまったく知っている子のいないクラスでしばらくアウェー感があったようですが、部活に入って(なんと私と同じ剣道部)から、クラスにも友達ができたようでとりあえずホッとしておます。次男は3日で学校に慣れ、毎日給食を大盛りで食べているそう。みんなこのあたりの自然を満喫しています。

しいて新生活の不満を上げるとすれば、マンションの工事かタンクの影響か水の味がよくないこと(ブリタポットを使い始めました)と、近くに鮮魚店があればより楽しいかな、と思うくらい。ただ買い物全般は以前よりむしろ便利になった感じがします。

今はやりたい活動や習い事、畑などがたくさんあるのですが、少しずつチャレンジしたいと思っています。

ところでこのブログのタイトルを決めるにあたり、「移住」とするか「引越し」とするかで迷い、両者の違いってなんだろう?とあらためて検索してみました。明確な線引きはなさそうで、いろいろな説がある中、引っ越しは「住む場所を変えること」、移住は「生き方を変えること」との説が心に残りました。以前は東京から千葉と比較的近距離だし、「「引越し」かな?とも思ってましたが、大きな心境の変化があったので、やっぱり「移住」だったなと感じています。

とにかく我孫子、控えめに言って最高。この街で楽しむために、元気で長生きしたいなと感じる今日この頃です。

資料の整理

5月になりました。
月はじめなど行うとよいのが資料の整理です。
子どもの学校だよりや献立表を入れ替え、手続きが終わって不要になった通知、不要になったダイレクトメールなどを処分すると、たまりがちな紙資料の量が抑えられ、必要なときに必要なものが見つけやすくなります。

去年コロナ禍のいきおいで「1分でわかる資料の整理」という動画を作ってたのを思い出したので上げてみます☺️

ここではクリアファイルに分類したものをファイルボックスを使って収納していますが、下の写真のような箱型でない仕切りに立てるのも、より出し入れがしやすくてよいと思います。

最近のライター仕事 CHANTO WEB

CHANTO WEB にて、地方で生きづらさを抱える女性の心理をリアルに描き、Twitterでも話題になった漫画『帰郷』の作者である冬虫カイコさんに聞く、地方の生きづらさの正体や打開策についての記事を担当させていただきました。

会社、学校、子ども関係のグループなどなど、さまざまな人間関係にお悩みの方に呼んでいただきたい内容です。

 

土地のしがらみ、家のしがらみ…地方の生きづらさの正体とは?

「地元ルール」の悪意なき押し付けがしんどい…その“当たり前”は本当に当たり前なの?