部屋もみポイント4 捨てにくいものの手放し方

掃除、片付けを義務ではなく、あくまで「自分が快適になるためのケア」ととらえ、気楽に行おうという「部屋もみ」
体に滞りを感じたら肩もみするように、部屋の空気や思考が停滞しているなと感じた時に、部屋もみするといいのではないかと感じています。

もっとものが減れば部屋がスッキリして暮らしやすくなりそう、とはわかっていても、どうしても捨てにくいものがあると思います。
たとえば期限切れと感じるお守りや、思い出の品などもそのひとつ。
私も今日は、長男→次男が続けて8年ほど使い込んだリュックと、それにつけていたお守りを処分しました。

お守りはゴミ箱に入れるのは躊躇しても、いただいた神社やお寺にお返しに行くタイミングも難しいので、そのままためている方も少なくないと思いますが、自宅でも処分することができます。
その方法は、
1)白い紙にお守りを載せる
2)お守りの左、右、左、の順に塩をまく

3)白い紙で包んで可燃ゴミへ

です。
鈴など可燃ゴミに出せないものは取り除き、塩をかけて自治体のルールに従って処分しましょう。

もう一つ、思い出の品も捨てにくいですね。
置いておけるスペースがあれば無理に捨てなくても良いと思います。
捨てるかどうかの見極め方ですが、それが家にあることで気分がよくなるか、よくならないか、です。
それを眺めたり、保管してあることを思い出すことで気分がよくなるなら、そのまま置いておいたほうがいいでしょう。
逆に、それを見て気分が落ち込んだり、「本当は捨てたほうがいいのに」などプレッシャーに感じているなら、手放した方がよいと思います。
捨てる場合は、写真を撮って残すのもよいと思います。

長年の感謝を込めて声をかけたり、塩をまいてお浄めするのも、心の区切りになるかもしれません。

片付けのご相談はこちらでもお受けしています。

部屋もみポイント3 「景色」にならないうちにもむ

掃除、片付けを義務ではなく、あくまで「自分が快適になるためのケア」ととらえ、気楽に行おうという「部屋もみ」
体に滞りを感じたら肩もみするように、部屋の空気や思考が停滞しているなと感じた時に、部屋もみするといいのではないかと感じています。

先日は幕張メッセの「ガーデンEXPO」へ。
ガーデニングやアウトドア、農業などにまつわるたくさんの展示を見ることができました。
農業分野にまつわるAIシステムやドローンの進化にもびっくり。

こうした展示会では、パンフレットやノベルティなどをたくさんいただけますが、
その場では必要性を感じても、よく見てみると不要なことも多いものです。
展示会に限らず、普段の買い物やネットショッピング後も、買ったものやそれを包む資材、添付のパンフレットなど「家に入ってきたもの」はそのまま放置しているといつの間にか「景色」としてとけこんでしまい、動線の滞りのもととなるので、早めにもんでおくとよいと思います。

これが今回のイベントでいただいたもの。かなりもらうのを控えましたが、見直してみるとこの先不要なものがほとんどだったので、エコバックにできそうなトートや、使いたいノベルティ、しばらくは眺めたいカタログ、資材として使える新聞紙を残し、あとはパンフレットなどから必要な情報のみを写メして処分。

だいぶ減りました。

必要なものを絞り込むための手順は、

1)まずは明らかに不要なものを捨てる
2)絶対にとっておきたいものと、とっておくか迷うものを分ける
3)迷うものは、長い目で見て本当に必要かを見極める
4)それでも迷うなら、紙袋や段ボールに入れて目に付くところに置いておく
5)その後不要に感じたら処分。必要ならしまう

です。

ところで、このイベントでは好きなタイプの作業着にも出会えてラッキーでした。

ユニバーサルオーバーオールさんのワークウエアの新ラインのツナギに一目惚れ。販売はこれからのようですが、楽しみです。
こちらの工具バッグや作業用エプロンもかわいかったな。

部屋もみポイント2 すきま時間にちょっとだけもむ

掃除、片付けを義務ではなく、あくまで「自分が快適になるためのケア」ととらえ、気楽に行おうという「部屋もみ」
体に滞りを感じたら肩もみするように、部屋の空気や思考が停滞しているなと感じた時に、部屋もみするといいのではないかと感じています。

片付けが苦手と感じている人にもおすすめな方法のひとつが、「すきま時間にちょっとだもむ」というやり方です。
いざ「片付けよう!」とすると、プレッシャーを感じてしまう場合もあると思いますが、

・レンジで食品を温めている間にキッチン棚を整理する。
・やかんのお湯を沸かしている間にキッチンシンクを磨く。
・お風呂をためている間に洗面所の鏡を磨く、不要な空きボトルを捨てる。
・プリント待ちの間に書類を整理する。
・アプリのダウンロード中にテーブルを拭く。

などすきま時間内で行うことを意識すれば、限られた時間を有効活用でき、その場もスッキリするので一石二鳥です。

また
・ベランダで洗濯物を拾うついでにゴミを拾う。
・電話をしながら棚を拭く。
・本を探すついでに本棚の本を揃える。

などの「ながらもみ」もおすすめです。

片付けのご相談はこちらでもお受けしています。

「部屋もみ」ポイント1 気になるところを狭い範囲でもむ

先日のブログでもご紹介した「部屋もみ」。掃除、片付けを義務ではなく、あくまで「自分が快適になるためのケア」ととらえ、気楽に行おうというものです。

いきなり全部をきれいにしようとするとプレッシャーを感じてしまう場合は、まず狭い範囲をきれいにしてみることをおすすめします。

今、おうちの中で気になっている場所はありませんか?
たとえば蛇口のくもり、テレビの上のほこり、テーブルの上の散らかり、、、など。
とりあえず数分で終わりそうなところを、さっと拭いたり片付けたりしてみましょう。

少し手をかけただけでも、その場の空気感が変わりませんか。
なんとなくでも「気持ちよくなった」「いい気が入ってきた」と感じられたら、自分のエネルギーもアップした証拠です。

その気持ちよさを繰り返していくと、ずっと気になっていた押入れやクローゼットなど、大掛かりなケアが必要な場所にも着手できるようになります。

もちろん、最初から思い切って大掛かりなケアを行って見るのもよいと思います。
ものが減って空間がすっきりすると、「これからもきれいにしよう」という気持ちが高まり、居心地よい空間をキープしやすくなると思います。

片付けのご相談はこちらでもお受けしています。

掃除・片付けがイヤなら「部屋もみ」でいいかも。

昨日は強風で、植木鉢が倒れて土が散らばったので、ベランダ掃除をしました。
当たり前だけど、家がきれいになると、そのぶん自分もすっきりしますね。

掃除や片付けは「やればいいとわかってはいるけど、できない」という人が多いと思います。それは「面倒くさい」「大変」「捨てられない」「自分は苦手」とか「やるなら完璧にやらないと」「できない自分はダメ」などというマイナスの思い込みやどこかからの刷り込みがあるからだと思います。

でも掃除や片付けは本来は、単に「自分が快適になるためのケア」なんですよね。

なのでやったほうがいいのですが、別にインスタにアップされてるような素敵なお部屋を目指す必要はないと思います。

体が快適になるためにマッサージをしたり、心が快適になるために悩みを友達に話したりするように、部屋も快適になるために部屋のマッサージ=「部屋もみ」をするくらいの感覚で、その時の自分が快適になるよう、無理のないアクションを起こせばいいのではないでしょうか。

私はもともと小さいころから掃除や片付けが好き(下手なりに)でしたが、それをするたびに「部屋のマッサージみたい」と感じていました。快適な生活をじゃまする不用品やホコリを取ると、その空間の流れが良くなり、部屋が喜んでいる感覚があり、そこにいる自分も気持ちよくなるからです。

体や心と一緒で、うすうす不快に感じているところを放置していると、その部分は凝り固まって、不具合につながっていきます。そうならないように、不快に感じる部分に無理のない範囲でアプローチしていくことで、その部分がほぐれ、いい具合になっていくと思います。

このアプローチはやりすぎもダメで、私も一時は人目を気にして片付けに気合いを入れすぎて、表から見えないように収納にぎゅうぎゅうに詰め込んだり、見栄えを気にして使いにくい配置にしたりしていましたが、やっぱり疲れてしまいました。

そこで「部屋もみ」程度を意識し、あくまでその時の自分が快適になるように、掃いたり拭いたり、ものをどけるようにしたら気が楽になりました。今も「完璧にやらなくてもいい」「少しでもやらないよりはいい」「自分が気になる部分だけやればいい」という意識で継続してますが、以前よりむしろ暮らしやすくなったように感じています。

ちなみに片付けられない親御さんへの怒りがある方もおられると思いますが、「なぜ片付けないの!」と気持ちをぶつけると親御さんもかたくなになり、余計に片付けに手をつけられなくなると思います。

そんなときは「お母さん、肩もみしようか」の感覚で、「お母さん、部屋もみしようか」と親孝行な方向で気楽に誘導すれば「あらそう?」と受け入れてくれそうです(私もその方向で少しずつやっています)。

今後も「部屋もみ」感覚で、気楽に、できる範囲で空間をきれいにしていきたいと思います。

片付けのご相談はこちらでもお受けしています。

1瞬1瞬、運を開く

少し前に、もう夏が始まったのかよ!とびっくりしていたら、さらにはもう9月かよ!と、とまどいを隠せない今日このごろです。毎日、毎週、毎月があっという間に過ぎて、1年という単位も昔よりずっと短く感じられますね。

私の最近の仕事のテーマは「開運」です。実は小さい頃から生きにくさを感じたり、振り返ると認知のゆがみも激しかったのかなと思う経験がいっぱいあります。そして自分はすごーく運が悪いと感じていたこともあり、この分野はライフテーマともいえるかもしれません。


そこで幼少期から、占いとかおまじないとか仏教とかスピリチュアルとか行動心理学、脳科学など、いろいろ研究しながら、少しでも運が開けるようにと実践してきました。そしてその趣向を発信してきたことで、ありがたいことに仕事でこれらの専門家の方に話が聞ける機会も増えてきました。

取材活動や、自分自身の経験からして、やはり運を動かすには現実的な1瞬1瞬の思考・行動の積み重ねが大事だと感じています。1瞬1瞬の積み重ね、というのはほんとに現実的で些細なこと。たとえば部屋の汚れが気になったときに「3分掃除してみよう」とやってみるだけでも気持ちがまず変わります。その後の行動も変わるので、当然結果も変わってきます。部屋をきれいにしたくても「3分掃除したからといって大して変わらない」と思わず、「やらないよりはきれいになる」ととらえて続ければ、毎日どんどんきれいになっていきます(私もいまこのプロセスにいます)。

もちろん「疲れているから今日は掃除しないで休もう」という選択肢も、休養することでエネルギーを得られるという結果につながるのでよいと思います。

大切なのは、「本当は今きれいにしたい」「本当は今休みたい」といった今の自分の本当の気持ちに忠実であることなのかなと思います。

私たちは社会生活の中で日々「〜しなくては」「〜であるべき」という考えにとらわれがちなので、自分の気持ちはないがしろにしがちですが、本当は大切にしたい。

誰かが「トイレを我慢するのもよくない」と言っているのを聞いたことがあります。たとえば外出先で、一緒にいる友達に気を使ってトイレを我慢することだって、自分の気持ちをないがしろにすることなんですよね。そういうときは、気軽に「トイレ行ってくるね!」というと、案外友達も「私も行きたかった」と言い出したり、全然気にしてなかったりするので、やっぱり正直に言うべきなのだと思ったりします。

「本当は〜したい」という自分の気持ちを邪魔するものに、怠惰=楽といった刷り込みもあり、これは社会のしくみ上にできたものだと感じています。人が怠惰になると、得をするのは誰なのでしょうか。そこをスルーして、刷り込みの流れにのって、本当はしたくもないのに頭で楽になろうと考えて怠惰な道を選ぶと、かえって疲れたり健康を害することも多いと感じています。

もうひとつ、「本当は〜したい」という気持ちの壁となるのには、行動による失敗=悪という刷り込みもあるのかなと思います。本当は「失敗」というものはなく、そこから得られるものが次につながるヒントが現れる「過程」なので、やりたいことがあればやったほうがいいとも感じます。

未来は常に、この瞬間の選択の繰り返しで決まるので、いつでも今の自分に気持ちを大切にしたいですよね。ちょっと気持ちとずれたことをしてしまっても、そこで終わりだと諦めてしまわずに、次の1瞬でまた自分が思う未来に向かう選択肢から、道を選んでいくことが大事かなと感じます。

継続は力なりで、私も今はそこそこ運がいいほうだと感じられるようになりました。ちなみに運がいいとは「お金持ちになる」とか「みんなから憧れられる」とか「悪いことが全然起こらなくなる」とかではなく、「自分らしく楽しく生きる」「何が起こってもわりと揺るがない」「必要な出来事や出会いが訪れる」ということだと定義していて、この部分にはだいぶ自信がついてきました。

このスピーディーな時代、ほんとうに1瞬1瞬で次が決まっていくので、自分の気持ちを大切に。1瞬1瞬、膨大にある選択肢を、できるだけ自分の本当の気持ちから選んでいきたいなーと感じています。

最近のライター

「週刊女性」にて、今二次選考中の「料理レシピ本大賞」の取材執筆をお手伝いさせていただきました。書店員有志を中心に「文芸やエッセイ、絵本などと並んで人気の『料理レシピ本』にも書籍としての価値を示し、書店の活性化にもつなげたい」との思いで始まった賞。今年はスープや簡単自炊をテーマとした本が注目だそうです。

「チイコミ!」にて、手賀沼周辺を描いた画家・原田京平氏の記事をお手伝いさせていただきました。大正時代、千葉県我孫子市に集った白樺派の精神を受け継いだといわれる氏の作品や我孫子における白樺派との関わりについて、白樺文学館学芸員・稲村隆さんに取材しています。
原田氏については引っ越してからすぐ、白樺文学館を訪れた際に初めて「ハケの道」を描いた作品を観て、家周辺の景色や空気感とのシンクロを感じてずっと気になっていたのです。取材を通して、個人的にもぼんやりとだけ知っていた白樺派や彼らと我孫子市との関係について理解を深められ、我孫子愛がより深まりました。

『シーバ』にて、犬と楽しむベランピング(ベランダでグラマラスなキャンピング)のページをお手伝いさせていただきました。読者さんの楽しみ方やオシャレアイテム、とても参考になります!ほか日本犬とのキャンプに役立つ情報などいっぱい載ってます。

最近のライター仕事

7月9日発売の「PHPくらしらく〜る♪」にて、断捨離提唱者やましたひでこさんの「『最小化』よりも『最適化』を目指しましょう」のページをお手伝いさせていただきました。心とお金に余裕が生まれる「少ないもので快適に暮らす」ヒントがいっぱいの一冊です✨

「からだにいいこと」8月号にて「ツキを呼び込む『運気アップの極意』」を担当させていただきました。
監修者の橋本和哉さんは内科医として一般的な診療にあたるほか、気や霊体にアプローチする独自の治療もされていて、両方の観点からくり出される、体と心、魂によいアドバイスがとても腑に落ち参考になります。
「スピリチュアル」は便利な言葉でいろんな意味にとられますが、Wikipediaによれば「霊的であること、霊魂に関するさまざま」という意味だそう。
個人的に生き物の体は魂や霊と呼ばれる存在を含めて成り立っていると日々実感しているので、スピリチュアル=おまじないやオカルトではなく、そこを意識することはごく現実的であり、心身にとってとても大切だと認識しています。
通常の医療や健康法と並列にとらえ、ケースに応じて使い分けながら、バランスよく活用していくといいんじゃないかと思います。
今回は編集部の方の力もお借りしながら、編集や導入漫画の原作もさせていただいた思い入れのあるページです。イラストやデザインもとてもよい感じなのでぜひ見てみてください😊
ちなみに大特集は「姿勢と呼吸で今度こそヤセる!」。まさに下半期の私のテーマでもあります。


デザインファーム・ILY,(アイリー)株式会社さんのnoteにて、パーパス経営とソーシャルマーケティングに関するセミナーの記事化をお手伝いさせていただきました。理念の軸をしっかり立てて、広く理解していただくことの大切さと具体的な手法がわかり、あらゆる仕事や活動に役立つお話だと思います。

「チイコミ!」で書かせていただいた、朝市「香取さまで会いましょう」の記事を、ちいき新聞にも掲載いただきました。

近所の大好きな船戸の森について「チイコミ! 」で書かせていただきました。引っ越し前から心惹かれ、今はほぼ毎日散歩し、時々草取りなどもしている場所。地域の方の手で美しく整備されていると知ってさらに魅力を感じています。

「チイコミ!」で書かせていただいた船戸の森の記事を、ちいき新聞でも掲載いただきました。家の近所の愛すべき場所です✨

EC通販事業におけるマーケティングから商品撮影・登録、在庫管理、出荷、決済などまでのバックヤード業務全般にワンストップで対応しているスクロール360さんの「360通販note」にて記事制作をお手伝いさせていただいています。幅広い知見のある同社の発信は、EC通販企業で煩雑な業務を整理し効率化されたい方のヒントになるかと思います。

フリーランス20周年。

2001年の6月1日からフリーランスになり、丸20年が経ちました。
会社員には3回なり、いずれの企業にも本当にいろいろ勉強させていただきお世話になりましたが、1年半、1年、3年とどこも長く続かず、結局今の働き方が自分には合っているんだなと感じています。

当時から続いている仕事も、長く続いている仕事も、最近始まっている仕事もありますが、ずっと途切れなかったわけではなく、5年目くらいのときは元いた会社でバイトさせてもらっていたこともあったし、10年目ちょいの頃は子どももいるのに仕事が急激に減り、バイト登録会社に登録しに行ったものの、名前でなく番号で管理されるとわかって合わないなと感じ、仕事をする前に登録解除しました。


代わりにお金をかけて仕事場を借り、ひまな時間はひたすら占いの勉強を。当時は先が見えませんでしたが、好きなことを好きなように蓄積していくことで開けると信じ、友達を2時間500円で占うところから始め、そのうち占い原稿の仕事や、個人鑑定やイベント鑑定のお話もいただけるようになりました。


その後もライティングの仕事が減ってきたなーと感じたり、少し方向転換が必要だと感じたときに、子どもの頃から好きだった片付けに着目。整理収納アドバイザーの資格を取得し、こちらもありがたいことに企業向けのセミナー講師のお仕事をいただくことができ、その後個人宅の片付けのお仕事や、片付けに関する電子書籍を出していただくこともできました。

ちなみに電子書籍を出せたのは、資格運営元の協会が出版プロジェクトを行い、そこに原稿を応募して審査を通過したからです。

そして応募しようと思えたのは、取材したある方のひと言があったからです。ビジネス本の編集に携わった際、作家で士業も営むその方から「僕は本を出すために本業の時間を効率化して、空いた時間で本を読んだり原稿を書いています。あなたもライターをやってるということは、そういうことがしたいのでは?」といった問いかけを受け、「ああ、実はやっぱり私は本を出したいんだな」と気づくことができたのです。それまでも妄想レベルで「本とか出せたらいいな」「でも無理だろうな」という繰り返しはあったのですが。

そこで仕事に使う時間を見直しつつ、その後整理収納アドバイザーの資格を取ったこともあり、浮いた時間で片付け本の骨子を考えていたところ、件の出版プロジェクトのことを知り、これは!と応募してみたのでした。

何か自分の琴線にふれる出来事に対し、「自分にはできるわけない」と受け流さずに、正直な気持ちを認め、行動していくことは大切だなと感じた出来事でした。一回しかない人生ですしね。

そして、実は一時はやめたいとも感じていたライティングの仕事ですが、今はとても楽しくさせていただいています。

20年を振り返ると、楽しいことも、それ以上にきついことも、本当にいろいろなことがあり、今だってしんどいこともありますが、大方の原因は自分にあるので、真摯に受け止めていくことで、すべてが糧になっていくなと感じます。

ペット、ビジネス、精神世界、家事育児、教育、美容、健康、などなどいろいろな取材ジャンルがありますが、どんな取材でも人様の本質的な「善」の部分をキャッチし、そこをお伝えできることが喜びだなーと最近はしみじみ感じています。
そんな感じでマインドが切り替わった頃から、不思議とご紹介や久しぶりのご縁から楽しい依頼をいただくことが続いていて、これまたありがたいです。

仕事でもプライベートでも、フリーランスになる以前も、なってからも、お世話になっている方々に本当に感謝しています!


最近はまっているつるアートも、何かのお仕事につながるといいな。

いろんな仕事をさせていただいていますが、すべてに共通するのは「整理すること」ではないかと。ホームページのキャッチコピーにも「伝えたい想い、部屋、心、一緒に整理します。」としていますが、ライティングは人様の想いを、片付けは部屋を、占いは心を、整理するものだと認識しています。つるアートも素材を取捨選択して整える行為なので、整理といえるのではないかな。

今度も魂がよろこぶことを追求しながら、人様のお役にも立てる仕事をしていきたいです。

つるでカゴ作り&アート。

近所でとってきたつるで、カゴなどいろいろ作って楽しんでいます。

最初につくったカゴ。仕事が忙しいのに、YouTubeで作り方をみたら我慢できなくなり、衝動的に制作を始めたところ、20分ほどで完成。
つるを編む作業にとても快感を覚えた出来事でした。

取手付き。

ちょうちょ。もはやカゴではない。

マーガレット風。

歩き続けよう。的な。

子供と一緒に作ったミニカゴ。

友達のリクエストで、ヤモリの試作。改善の余地ありなので、また作ろう。

網目が正確でなくてもなんとかなり、ワイルドな風合いのつるは、自分に向いている気がしています。
欲しいと言ってくれる人もちらほらいるので、これも仕事にしていきます。